このブログはプログラム開発や学習などの際に役立つ知識や情報を発信するエンジニアのためのトータル技術ブログです。
ご意見やご要望にも積極的に答えていきますので、お気軽にお問い合わせください。

記事へのリクエストはこちら

AWS Cloud9 で Laravel を使ってみた。【環境構築】

Laravel
スポンサーリンク

こんにちは!あっきーです!

近頃はプログラミングもWeb系でしたら、専らフレームワークを使っての開発が主流になってきましたね。

僕もつい先日から PHP のフレームワーク Laravel を始めました。

Web系の企業に興味深々な近頃なので、今後の事を考えて Cloud9 でのクラウド環境で開発を進めて Git でバージョン管理して BitBucket で共同開発をしよう!

なんてこと考えてたら Cloud9 でのクラウド環境ベースでの Laravel の教本とピンポイントのやつを見つけたので速攻でポチりました。全てが日進月歩なWeb業界ですので古い教本だとバージョン変わってたりで苦労しそうと思い、出版日を見たら2017年で1年圏内でしたので大丈夫だろうといざ取り組んでみました。

まずは Cloud9 の解説からでしたが、読み進めてるとすぐに違和感が出てきました。

「あれ?なんかUIが変わったなんてレベルじゃないくらい書いてあることと違うぞ。。。」

どうやら Cloud9 はアマゾンさんに買収されて AWS Cloud9 にサービス名が変更されたようです。

Cloud9 を使うためにはまず AWS のアカウントを取得してからあれこれしないといけないみたいです。

ながい前置きでしたが、こんな状況ってよくある話だと思います。

せっかくお金だして教本買ったのに違うこと書いてあったら対応の仕方もわからず萎えちゃいますよね。初学だったらなおさらです。

今回はそんな人へ向けて Laravel × AWS Cloud9 の環境構築から簡単な操作までを取り上げていこうかと思います。

実際に僕が操作しててハマったことを書いてますので、最新の情報です。これから学習を始める人たちの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

AWSのアカウントを作成する

AWS アカウント作成の流れ | AWS
日本のお客様に AWS アカウント作成の手順とポイントをステップバイステップでご紹介します。

AWS の設定は公式ホームページを参考にすれば簡単にできます。

AWS Cloud9 でプロジェクトを作成する

AWS のアカウント作成、ログインが完了しましたらトップ画面が表示されます。
検索窓で「Cloud9」と検索をかけたら Cloud9 のトップ画面へ遷移します。

Cloud9 のプロジェクト作成画面が表示されます。ここでは

・新規プロジェクト作成
・既存プロジェクトの編集

上記2つの選択ができます。今回は新規プロジェクト作成をします。
「create environment」をクリックします。

・【Name】にプロジェクト名を入力(必須)
・【Description】にプロジェクトの概要を入力(任意)
・「Next Step」をクリック


・【Environment type】EC2を選択
・【Instance type】t.2Micro を選択
・【Cost-saving setting】After 30 minutes(default) を選択
・「Next step」をクリック

設定に問題なければ
「Create Environment」をクリック

この画面になったらプロジェクト作成中です。
完了までにすこし時間がかかりますのでコーヒーでも飲みながら少々待ちましょう。

AWS Cloud9 の編集画面の構成を確認する

プロジェクト作成が完了しましたらIDE画面が表示されます。
どこで何ができるのかざっくり確認しておきましょう。

①メニューバー
Cloud9のメニューが全て用意されてます。フォルダやファイルを作ったりプログラムのブラウザ表示を行ったりします。

②プロジェクト
ディレクトやファイルを表示します。アプリの構造一覧を視覚的に確認できます。

③エディター
ここにプログラムを記述していきます。

④コマンド
CUIが扱えます。みんな大好きLinuxコマンドです。
ここで環境構築をおこなっていきます。

Laravel プロジェクトを作成してブラウザに表示しよう

ここから Laravel プロジェクト作成していきます。
ブラウザ表示の確認を行うまで4工程の段階を踏みます。

①Cloud9 の環境確認
②PHP を最新版の7.1にアップデート
③Laravel プロジェクトの作成
④Laravelプロジェクトを実行
MySQL の確認とかも確認したほうがいいのですが今回はブラウザの表示までが目標なので割愛します。

Cloud9 の環境確認

Cloud9では標準で必要な機能が搭載されているみたいです。
Laravel で必要な機能は、当然ですが PHP です。あとは composer です。
composer は PHP ライブラリの使用を管理してくれる便利ツールです。
Laravel のインストール・コードの配置は composer で適材適所に勝手にあれこれ実行して、いい感じにライブラリを作成してくれるみたいです。便利ですね。
てことで確認していきます。
先ほどの IDE の構成確認を行った際の、④コマンドに下記コマンドを入力してください。
$ php -v
$ composer

実行結果:

あれ( ^ω^)・・・ composer いないじゃん

AWS になったからかなのか原因はわかりませんが、 Cloud9 では標準搭載だったらしい composer がいませんでした。

さきほど言ったように composer がないと必要なライブラリとか一緒にダウンロードできません。
こうなると全て自分で探してダウンロードして、配置するという酷な作業を強いられます。

てことで PHP のバージョンは5.6.38を確認できたので、あとでアップデートするとして楽するためにも死ぬ気で composer を探しにいきましょう。

composer のインストール(環境がなかった人用)

※確認時に標準で搭載されてたらこの作業は不要です。

・composerのインストール

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

・pathの通った場所へ移動させる

$ sudo mv composer.phar /usr/bin/composer

インストールが完了したか再度確認してみましょう。

$ composer

実行結果:

こんな感じの表示がでたら無事コンポーザーのインストール完了です。

PHP を最新版の7.1にアップデート

・PHP7.1 をインストールする

$ sudo yum -y install php71 php71-cli php71-common php71-devel php71-mysqlnd php71-pdo php71-xml php71-gd php71-intl php71-mbstring php71-mcrypt php71-opcache php71-pecl-apcu php71-pecl-imagick php71-pecl-memcached php71-pecl-redis php71-pecl-xdebug

・インストールしたバージョンに切り替える

$ sudo alternatives --set php /usr/bin/php-7.1

・バージョンの確認

$ php -v

実行結果:
インストールは「Cpmplete!」が表示されてたら大丈夫です。

※エラーがでたら余計な文字が入ってないか確認してください。それでもダメならなんとか頑張ってください(笑)

PHP のバージョンも7.1.23が表示されてますので無事アップデート完了です。

Laravel プロジェクトの作成

・Laravel のインストール

$ composer global require "laravel/installer"

・Laravel プロジェクトの作成

$ composer create-project laravel/laravel test

実行結果:

インストールには少々時間がかかります。
完了して次の Linux コマンドが入力できるようになるまで待ちましょう。

終了したら左側に「test」というディレクトリに大量のフォルダとかファイルが表示されてます。
必要なライブラリは完備なので特に確認することはないです。composer 優秀すぎますね。

・作成した Laravel プロジェクトに移動

$ cd test

・Laravel のバージョンを確認

$ php artisan --version;

実行結果:

・ec2-user:~/environment $ に /test のパスが追加されている
・Laravel Framework 5.7.12と表示されている

これで作成した Laravel プロジェクト「test」に Laravel5.7.12 がインストールされたことを確認できました。

Laravelプロジェクトを実行

最後に動作確認を行っていきましょう。

・サーバーに接続する

$ php artisan serve --port=8080

・ブラウザ表示確認


「Laravel development server started: <http://127.0.0.1:8080>」がコマンドラインに表示されます。
メニューバーの Preview から「Preview Running Application」を選択します。


Laravel と表示された画面がでてきたら完了です。お疲れさまでした。

サーバー起動中は Linux コマンドが実行できないため、追加する場合は

Control + c

でストップしましょう。

さいごに

長々とお付き合いいただきありがとうございます。

フレームワークは環境構築が結構大変で、いきなりフレームワークから始めるとここでつまずいて心が折れてしまうこともあると思います。

ですが、環境構築をこえれば使い勝手は抜群だと思います。
まだ始めて間もないですが、それでもそう感じていますので極めて行けばなおさらかと予感してます。

Linux コマンド系など環境構築で必須の技術も書いていきますのでほかの記事も含め今後ともよろしくおねがいします!

スポンサーリンク
あっきー

元キャバクラ店長から未経験でエンジニアに転職した異端児。

「週4の5時間勤務、月収100万円」を実現させ、ゆるりと生きることを目標に日々パソコンと奮闘している。

自分の経験を元に、未経験からでも挫折しないプログラミングの勉強方法や最新技術や情報などを発信していきます。

あっきーをフォローする
LaravelPHP
\良い記事だったらシェアしてね!/
スポンサーリンク
駆け出しエンジニアのつぶやき